怠惰に気ままにその日暮らし

アクセスカウンタ

zoom RSS 我が家の愛犬にG(ジャイアント)サラバ

<<   作成日時 : 2009/10/17 20:52   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

 まぁ、タイトル通りの意味で我が家で飼っていたラブラドール・レトリバーが17日の午前1時にお亡くなりになってしまいました。14歳と6ヶ月生きたので人間で言うと100歳を超えている年齢なので大往生でありましょうか。
去年の12月には外に出るだけで呼吸が苦しそうでそろそろ駄目なのかと思っていたら、春になった途端体調を取り戻して5月の誕生日を越えて頑張り続け、8月に餌を与えても吐くようになって病院に連れて行き薬だのを治療だのを受けてしばらくは元気にしていました。
 とは言うものの、体力は落ちてるは後ろ足が満足に動かなくなって走ることも出来なくはなっていた訳ですが・・・
それでも外でトイレを出来るくらいには動けていたんです、10月に入ってからも元気でこれは12月までは生きそうだなどと思っていた矢先の出来事でした。
 死ぬ前日まではそれなりに元気に動き回っていたのですが16日の夜に餌を吐いてからは17日は一日中横になったままで午前1時頃に数回痙攣をした後心臓が動いてなくて逝ってしまわれました。
 去年から家族一同それなりに覚悟はしていたのですが、やはりいざ死んでしまうと悲しくてたまりません。
初めて飼った犬だったし、目の前で死んで逝ってしまう出来事に直面したのは初めてで(熱帯魚なんかは飼っていましたがアレの死とはやはり重さが違うし)家族が一人居なくなってしまったんだなとしみじみと感じてしまいます。
朝起きて横たわってる姿を見ると突然起きて朝ご飯を食べている横に来ていつものおねだりをするんじゃないかと思ってみてもやはり動くこともなく死んでしまったことを実感してしまいました。

 14年と半年間生きて、我々家族に様々な思い出をくれたケンタ君に感謝をしつつ冥福を祈りたいと思います。
画像

死ぬ5時間前に撮影したケンタ 14年6ヶ月(10月17日午前1時没)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
哀悼よりお悔やみ申し上げます。
yasufumi
2009/10/19 22:01
ご丁寧なお悔やみを賜りまして、恐れ入ります。
銀月
2009/10/20 19:41
人間とは違うと言えどそれでも家族。
一緒にいた時間が長ければ長いほど
あれやこれやと世話焼いた程度が多いほど
いなくなってしまった後は悲しいよね。
それでも、忘れずに居てあげることがワンコへの手向けだと思います。
.せ
2009/10/22 13:27
まったくもってその通りだと思います。
時々思い出して悲しむのも手向けだと思っています。
銀月
2009/10/22 20:43

コメントする help

ニックネーム
本 文
我が家の愛犬にG(ジャイアント)サラバ 怠惰に気ままにその日暮らし/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる